フレームバッグをクロスバイクに付けてみた大容量でおすすめ

フレームバッグをクロスバイクに付けてみた大容量でおすすめ 便利グッズ

自転車に乗る時に財布とかキーケースとかちょっとしたものをポケットに入れるのは落とすかもしれないから怖いし、けど、リュックとかショルダーバッグに入れるほどの持ち物はないし。という場合ありますよね。

 

自転車用のバッグで検索した所、フレームバッグという便利そうなアイテムがあったので買ってみました。作りは至ってシンプルでマジックテープのベルトで3点フレームに固定するだけで取り付け出来ます。

 

今回クロスバイクに付けてみましたが、ロードバイクやマウンテンバイクにも付けられると思います。頑張ればママチャリにも装備可能?かもしませんよ。

 

ベルト3点です

スマホが操作できます

有線イヤホン対応

 

スマホが入れられるようになっており、素手でタッチパネルの操作も可能です。何気に有線イヤホンを通す穴まで開いていて、さりげなく親切設計です。

 

肝心な容量はペットボトル500mlの大容量サイズです。これでジッパーがスムーズに閉まる限界といった感じでしょうか。製品によって個体差があると思われますので購入予定のバッグについてはサイズをご確認下さい。見た目は小さいし邪魔にならないけど、結構ものが入るのはポイント高いですね。

 

大容量です!

500mlジャストサイズ

工具類は必須?

 

 

落としたくない財布とかキーケースとかは勿論ですが、ちょっとした工具や小型の空気入れ、LEDなどを入れておけば安心ですね。

 

今回、僕のiPhone XRとeちゃんのiPhone7でタッチパネルを操作してみましたがiPhone XRについては全ての操作で問題はありませんでした。

 

しかし、iPhone7を使用する場合に設定が必要になりました。最初コレiPhone 7だと使いものにならないねー。Siriに命令してホーム画面に戻ったりできないのかな?とか若干試行錯誤しました。因みにSiriに「Hey Siri ホームに戻って」って言ったら「ホーム画面に戻るにはホームボタンを押してください」って逆に命令されました。分かってますけどねw

 

Aiが進化してるならホームに戻るぐらい出来そうなものですけどね。Aiもまだまだだね。

 

iPhone7などのホームボタン(タッチボタン)は反応しないので設定変更が必要

 

iPhone 7に関しては画面は操作出来るのにホームボタンのタッチボタンがどうしても反応しないのでAssistiveTouchという機能をONにしてみました。この機能をONにする事によりホームボタンが画面上に現れるのでホームボタンが反応しなくてもホームに戻る事が可能となります。

 

アクシビリティ選択

タッチを選択

AssistiveTouchを選択

 

 

AssistiveTouchをON

メニューが現れます

 

これで画面上にホームボタンを配置出来ましたので本体のタッチボタンが反応しなくてもホームに戻る事ができます。以下はiPhone XRで普通に操作が出来るか試した時の模様を撮影した動画になります。

 

 

今回僕が購入したものをオススメしたかったのですが生憎、販売店さんの方で品切れになってしまった(古い?)ようですので似たようなタイプのものをおすすめします。いざ調べてみるとデザインもかっこよく、ひさし付きの進化バージョンとかも出ていて購入したばかりですが既に他の商品に目移りしてしまいました。

 

なお、iPhone XRの画面サイズがだいたい6インチぐらいですがサイズ的にもう少し余裕があったので一回り大きなサイズのスマホでも十分入ると思います。

 

銀ちゃん
銀ちゃん

お値段もお手頃で便利なアイテム!おすすめですよ

 

 

▽ご指摘や不明な点があればお気軽にどうぞ▽

ご意見・お問い合わせはコチラ

 

タイトルとURLをコピーしました